オンラインで本物の人形店にアクセスする

commentaires · 14294 Vues

オンラインで本物の人形店にアクセスする

外国ではラブドール 通販ありますか?

不朽の都会の伝説によると、アドルフヒトラーは、第二次世界大戦中にドイツ兵がアーリア人以外の女性にふけるのを防ぐために、SS司令官の1人に等身大ラブドールのデザインを依頼しました。これが真実であるかどうかにかかわらず、商業的なダッチワイフはドイツで生まれました。

1950年代に発明され、セクシーで率直な漫画のキャラクターであるリリをベースにしたリリリアルドールは、11.5インチのプラモデルであり、貫通力のあるセックス人形ではありません。彼の著書「SexDolls:AHistory」の中で、AnthonyFergusonはBildLilliを「ポルノ漫画」と呼んでいます。大人の男性に販売されていますが、このロリラブドールはバービーのインスピレーションとして広く知られているので、それを持って走ってください。

米国では、1968年頃にポルノ雑誌でセックスドールが最初に宣伝され、メールによるセックス製品の販売が合法化されました。1980年代までに、それらはほとんどの風俗店で見つけることができましたが、それらは膨らませることができ、実際にセックスをするよりも、友愛会でのギミックギフトに適していました。

「注意と職人技の多くは、貫通領域、口、膣、肛門にあります」とファーガソンは書いていますが、「インフレータブルは、材料の継ぎ目が劣化する前に、一定量の重量を支えるか、再利用することしかできません。」

ネットでダッチワイフ通販店をアクセスする

等身大ラブドールのリアリズムと有用性は、アーティストのマット・マクマレンがリアルなシリコン製の女性用マネキンを作り始め、その進歩を彼のウェブサイトに記録した90年代後半に大きな飛躍を遂げました。彼がそれが…解剖学的に正しいかどうかを尋ねる電子メールを受け取り始めるのにそう長くはかかりませんでした。

当時はそうではありませんでした。しかし、需要があったので、マクマレンが供給を提供しました。このようにして、不気味なダッチワイフが誕生しました。ショックアスリートのハワードスターンがラジオ番組で1つを見つけてセックスをしているように見えた後、マクマレンの会社は急速に成長し、現在では年間200〜300のハイエンドのカスタマイズ可能なリアルドールを販売しています。

McMullenの巨乳ラブドールのほとんどは女性です。彼は少数の男性製品を製造していますが、それらをカスタマイズするためのオプションが少なく、売上の10%しか占めていません。「アーティストとして、私は常に女性の姿に惹かれてきました。それが私のテーマです」とマクマレンは語った。「女性の姿は私のミューズです。」彼は、本物の女性が彼のリアルラブドールを恐れる必要はないと主張します。「模倣はお世辞の最も誠実な形です。セックスドールが女性に取って代わると思いますか、それとも女性に取って代わると脅迫しますか?絶対にありません。」

 

「私はすぐに彼女の生き生きとした美しさに驚かされました。息を呑み、箱から取り出し、ソファに座らせ、しばらくの間彼女を腕に抱きました。」

ピグマリオンと彼の大理石の花嫁からオスカーココシュカと彼の毛皮のような仲間までの歴史を通して、等身大ラブドールの作成者とユーザーは、排他的ではないにしても、圧倒的に異性愛者でした。「雑誌や本の内容分析では、[これらの例]のいずれにも女性が関係しているとは思わない」とポルノデータベースAlta-Glamour.comBookGalleryの副社長であるCynthiaAnnMoyaは述べた。彼女はアニメラブドールの著者である。

1800年代後半から1980年代にかけて、サンフランシスコの人間のセクシュアリティ高等研究所で行われた人工膣とダッチワイフに関する博士論文。「それが決して起こらなかったというわけではありません。しかし、神話の人々は、これらのリアルドールはすべて男性を巻き込んでいるとお互いに話します。」